主流になりつつある格安SIM

現在、格安SIMの利用率は非常に高く、数多くの人が格安SIMで通信料金を節約しています。まだ格安SIMを利用していない方は、格安SIMの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

固定電話と携帯電話の違い

固定電話

固定電話は、携帯電話に比べると通話料金が安い傾向にあります。また、電話加入権を購入して利用する場合は停電時でも通話が可能なので災害時にも役立ってくれます。

携帯電話

携帯電話は、持ち運びができる点が最大の魅力です。ただし、固定電話に比べると通話料金が高く端末代金も高い傾向にあります。自宅専用には向いていません。

気になる通信容量

携帯電話の使用で最も気になることが通信容量です。ここでは、通信容量を多く使ってしまうデータ通信をランキング形式で発表しています。ランキングにのっているデータ通信は頻繁に利用しないようにしましょう。

通信容量が多くなるデータ通信ランキング

no.1

動画視聴

通信容量が最も多くなりやすいデータ通信は、「動画視聴」です。高画質での動画視聴は多くの通信容量を必要とするので、格安SIMで通信制限を気にしている方は、控えた方が良いでしょう。

no.2

音楽ダウンロード

動画視聴の次に通信容量が多いデータ通信は「音楽ダウンロード」です。高音質の音楽だとさらに通信容量は多くなります。Wi-Fi環境がある場所でダウンロードをすると無駄な通信容量を削減することができます。

no.3

ビデオ通話

通信容量が多くなるデータ通信ランキング第三位は、「ビデオ通話」です。ビデオ通話は動画で自分と相手の状況を送受信するので、通信容量が多くなります。気をつけるようにしましょう。

no.4

インターネット通話

4番目に通信容量が多くなるデータ通信は、「インターネット通話」です。ビデオ通話や音楽ダウンロードに比べると通信容量は少なくなりますが、これらのデータ通信と比べて長時間利用してしまうことがあるので、注意する必要があります。

no.5

地図閲覧

外出先で意外と利用してしまうのが「地図閲覧」です。インターネット通話や動画視聴のように長時間使うことはありませんが、サイト閲覧やSNSの投稿に比べると通信容量は多くなってしまいます。

知らなきゃ損!格安SIM「みおふぉん」の特徴

SIMカード

家族プランが利用できる

格安SIMの最大手である「みおふぉん」には、ファミリーシェアプランがあります。このプランを利用すると、三枚のSIMカードを利用することができ、個別で三枚利用するよりも初期費用や毎月の利用料金を安く抑えることができます。

データ繰り越しサービスがある

あらかじめ決めていた通信容量を超えなかった場合、次の月に余ったデータ容量が繰り越されるサービスがあります。データ通信容量を無駄にすることがありません。

便利なバースト転送

バースト転送とは、通信制限にかかっている場合でもサイト読み込みの最初の一瞬だけ高速通信が利用できるサービスです。バースト転送があれば、低速状態に入っていてもテキストだけのウェブページならばすぐに読み込むことができます。

みおふぉんに関するQ&A

みおふぉんはどんな人に向いている?

みおふぉんは誰にでもオススメできる格安SIMですが、家族全員で通信料金をおさえたい人や高速通信をたくさん利用したい人には特におすすめできます。

インターネットから申し込みできる?

みおふぉんはインターネットを利用して公式ホームページから購入と申し込みをすることができます。申し込み方法は難しくないのでまずは公式ホームページにアクセスしてみましょう。

通信料金を節約できる?

大手キャリアに比べると圧倒的に安い通信料金で利用することができます。最も安いプランでは月々1000円前後で利用することができるので、大幅な節約が可能です。

みおふぉんの注意点は?

みおふぉんは3日間の間にデータを大量に使用すると通信容量をこえていないくても速度制限にかかることがあります。その点は注意が必要です。

広告募集中